水虫の再発を防ぐ治療薬について

足裏にクリームを塗っている女性

水虫を治すために、知るべきことは多々ありますが、用いる薬について理解を深めることは最も重要です。
病院から薬剤を処方された時は、医者の指示に沿って使用すれば、問題ありません。
ドラッグストアなどで、市販品を購入した時は、自分に適した用法用量を事前に確認した上で、利用しなければなりません。
水虫を治療するために使用する薬は、外用薬と内服薬の2種類に分けることができます。
肌に塗布する外用薬の場合、医者から処方される以外に、市販品を購入して手に入れることも可能です。
一方、内服薬の場合は、医者から受け取る処方箋が無ければ、購入できません。
通常の水虫の症状であれば、外用薬が処方されますが、重症化し爪にまで菌が侵入するようになると、内服薬が処方されるようになります。
外用薬に比べ、取り扱いがシビアなので、薬剤師もしくは医師の指示通りに使用してください。
従来の水虫の塗り薬は、1日の間に3回程度塗布しなければ、効果が得られませんでした。
しかし、医療技術が進歩し、より一層効果的な抗真菌薬が発明されるようになると、入浴後一度使用するだけで十分になりました。
次々と新たな薬が登場し、現時点ではおよそ20種類も存在していると言われています。
高い効果が得られる反面、患部に対し直接的に塗り込むので、量が多すぎたり、使い過ぎるとかぶれてしまう可能性もあります。
初めて使用開始した方に、かぶれの症状が生じるのは、使用開始後10日後と言われています。
使い始めて10日後に異変を感じた時には、医療機関に相談するようにしてください。
水虫の薬は、液剤タイプを選ぶことが推奨されています。
液剤タイプであれば、すぐに乾くので、歩いた後に床を汚す心配がありません。

サイト内検索
人気記事一覧
1
水虫の種類と危険度

2019年05月02日
(4142 Views)

2
水虫の再発を防ぐ治療薬について

2019年05月12日
(4091 Views)

5
水虫の治療薬と献血との関係

2019年07月15日
(511 Views)