水虫による爪の変形とネイルのオシャレ

脚にクリームを塗る女性

爪が厚くなっており、濁っている、爪の表面がぼろぼろになって綺麗に生えてこなくて筋のようなものがたくさんできる、爪の周りに炎症ができてしまう靴などを履くときに痛みを感じるなど爪の変形がある場合、爪水虫を疑う必要があります。

この爪の変形を引き起こす水虫は、足水虫と同様の白癬菌に感染した状態です。
白癬菌が爪の中まで感染することによってこのような症状が引き起こされます。
多くの場合親指が感染しているため、親指に異変があれば白癬菌に感染している可能性があると考えた方がよいとされています。

爪水虫の厄介さは体のさまざまな部分に広がり、他の人に感染しやすいことです。
周囲の人への影響を与えてしまうことがあるため。
できるだけ早く治療することをおすすめします。

この爪の変形を引き起こす原因はさまざまありますが、ネイルのオシャレをしている人はとくに注意が必要です。
爪を例に整えることのできるジェルネイルや付け爪ですが、時間とともに硬化したジェエルやスカルプチェアが爪から浮いた状態になってしまいます。
そのまま浮いた状態にしていると隙間に緑膿菌や白癬菌などが入り込んで増殖してグリーンネイルや爪水虫となってしまうのです。

また、水虫になっているとネイルサロンでのケアを受けることができないとされています。

治療したいという場合には、病院での治療を行なう必要があります。
市販の薬での治療は難しいとされており、きちんと治すためには医師に処方された薬を服用する必要があります。

爪へのオシャレを楽しむ人はたくさんいますが、爪の健康に関しては無関心な人が多いのが現状です。
オシャレを楽しむためには健康な爪であることが前提のため、水虫の予防や治療をきちんと行なうことが大切です。

サイト内検索
人気記事一覧
1
2
水虫の種類と危険度

2019年05月02日
(3545 Views)

3
水虫による爪の変形とネイルのオシャレ

2019年05月29日
(1878 Views)

5
水虫の治療薬と献血との関係

2019年07月15日
(416 Views)