冬の水虫と靴下について

水虫は夏場によく発生するもの、またはじめじめした梅雨の時期にかかってしまう方が多いイメージであり、実際に夏場や梅雨時などに患者さんが増加するものなのですが、実際には、冬場にも、水虫になってしまうケースがあります。
これはなぜか?というと靴下が原因であることがあります。
靴下はとても暖かいものであり、冬の寒さを和らげてくれる素晴らしいものですが、その中がじめじめとした湿気などが多かったり、綺麗な靴下を使用せずに、何日も同じものを使ってしまっていると、冬でも水虫になってしまうのです。
これは靴でも同じケースがあり、冬場に水虫になってしまった!と嘆かれる女性の方がおられますが、その原因は、毎日何度も何度も、洗わずに着用を続けたブーツのせいであったりと、清潔と水虫は、とても密接な関係にあるのです。

そのため、冬だから水虫は関係ないから、あまり足の掃除や靴下について、または靴やブーツについて考えなくてもいいや、という考えは間違っており、冬場でも上記のようなケースにならないように、靴下をきれいな新品に履き替える、毎日きちんと洗濯を行う、綺麗な状態のものをちゃんと着用する、などの注意が必要です。
また、家族に水虫の患者さんがいる場合は、こちらも冬でも同じ家族でタオルなどを共用したり、浴室などを共用する関係から、家族にまで広がってしまうケースもあるため、タオルなどもきちんと、清潔なものを使うように、または水虫の患者さんと同じものは使わないようにする!などの注意が必要となります。
また、ブーツなどを履く場合には、こまめに洗濯を靴下と同じように、行うと同時に、2足ブーツを購入し、日ごと交代ではく、などの対策をするとよいです。

サイト内検索
最近の投稿
人気記事一覧
1
水虫の種類と危険度

2019年05月02日
(4142 Views)

2
5
水虫の治療薬と献血との関係

2019年07月15日
(511 Views)